* 週刊フォトエッセイ*

Classical Photo-gear Explorers 東京レトロフォーカス

  文・写真/中山慶太 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

ビジョンのようなカメラの場合、ネガのラチチュードには頼れないと思った方がいい。
Pigeon 35 + Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJICOLOR NATURA 1600
(C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

やはりピジョンにはモノクロがいちばん合っているような気がする。
Pigeon 35 + Tomioka S-Lausar 45mmF3.5 / FUJIFILM Neopan400 PRESTO
 (C)Keita NAKAYAMA



写真
---> 拡大表示

明け方の電車を待つ駅で「鳩によせて」。
Leica M5 + Summilux 75mmF1.4 / FUJICOLOR NATURA 1600
(C)Keita NAKAYAMA

『鳩によせて ー或る戦後国産カメラの物語ー #15』

 さて、昨年から書き続けてきた国産カメラのお話しも、とりあえず今回でひと区切りだ。例によって書き漏らしたことも多いので、最後はそのあたりをまとめておこう。
 ピジョン35のボディを製造したのは、信州は伊那にあった信濃光機というメーカーである。同社は東京の写真関連商社、エンドー写真用品と契約を結び、自社設計のボディをピジョンブランド向けに供給したらしい。この関係はそれほど長続きせず、信濃光機は昭和二十九年に自社ブランドのカメラ「LACON」を発売する。外見はよりモダンに装ったこのカメラ、実はボディのダイカストはピジョン35そのものである。
 信濃光機とおなじく、ピジョンを販売したエンドー写真用品もその後の消長は定かでない。京橋にあったという社屋の住所を訪ねてみたが、今はまったく別の建物になっている。戦後の日本には数多くの写真関連商社が存在し、それらは日本独特の問屋制度によって写真用品の流通に大きな役割を果たしていた。日本の写真用品販売は米国などのそれとはまったく違うシステムになっており、ときおり非関税障壁として槍玉にあげられたりする。でも日本ならではの旧い商慣習には良い面もたくさんある、とはこの業界筋の話である。

 レンズの設計製造を請け負った富岡光学は、のちにヤシカ〜京セラのグループ企業となり、今も健在なのは先に記した通り。今回撮影に使ったヤシカ銘のレンズなど、評価の高いドイツ製品にもひけを取らない立派な性能で、まだまだ日本には隠れ名玉があるのだと感心させられた。機材を提供くださったカメラ仲間諸氏に、この場を借りてお礼を申し上げたい。
 そうそう、レンズといえばピジョン35の鏡胴に彫り込まれた二本のカラーリング。あれはたんなる意匠上のアクセント以上のものではなさそうだけれど、デザインソースはたぶん独フォクトレンダー社の名玉「アポランター」にある。フォクトレンダー社は先の大戦後に色収差を高次に補正したレンズを開発、これを自社製中判カメラに載せたのだが、その鏡胴先端にはアポクロマート補正を象徴するカラーリングをあしらったのは有名な話。よく似た意匠は最近の日本製高級レンズにも多いけれど(赤ハチマキとか金ハチマキとか)、ピジョン35はこれを先取りしていたのである。

 ひょんなことから不動品のピジョンを手にして半年。カメラ仲間のあいだでは高名な名医の施術によって復活したこのカメラに、僕は数十本のフィルムを通した。フィルムに定着した絵のなかには、ちょっと不思議な描写のものもあって、それがこのカメラの個性なのかどうかはまだ分からずにいる。
 不明な点といえばもうひとつ、このカメラが生まれたときに「PIGEON」の名をあたえたのは誰だったのか、それも分からない。ただ意図するところはよく分かる。やがて戦後が終わろうとするあの時代、多くの日本人が写真に求めていたイメージは、鳩が象徴するそれと重なったのである。

(この項終わり。次回特集は本連載初の米英製カメラを予定しています。ご期待ください)

※制作協力:クニトウマユミ
※モデル:宮崎優子


2007年02月28日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部