拡大写真
フジカ35SE独特の操作系はこのカットに集約される。鏡胴先端の黒い環はピントリングではなくシャッター速度設定用。露出設定は軍艦部天面のメーターを見ながら、手前の絞りリングとシャッター速度リングを操作する。ふたつのリングを同一露光値で連動させ、ライトバリュー的に使うこともできる。軍艦部背面のダイヤルはピント合わせ用、絞り値に応じた被写界深度はその上の円盤で確認できる。メッキは全体に上質だが、鏡胴中央部だけは弱かったようだ。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部