拡大写真
腕時計のような装飾と工事現場的やっつけ感が同居するコダック35RF。軍艦部のノブや本体は樹脂製で、必要な強度と量産性を両立している。外観上の特徴である鏡胴の「配管カバー」はレンズ前玉〜距離計を結ぶリンケージに蓋をしたもの。いっけん無骨だがデザイナーは仕事を投げ出しておらず、総体として不思議な力感とまとまりを見せる。文化を技術と消費の幻想で覆ったというより、これはマッスルが支配する国の道具なのだろう。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部