拡大写真
斜俯瞰で観る。レンズバリア(通称「ガレージシャッター」)の内側にはスライドに同期して開くピントフードのレールが仕込まれている。ファインダー視野は異様に明るいが像に歪曲が大きく視野率が小さいため、正確な構図は取りづらい、またアイポイントをずらすと視野が暗転消失する。ファインダー背後の赤いボタンは裏蓋解放用。フィルム装填をミスると蓋を閉じられないフェイルセーフ機能が内蔵されており、このあたりにも設計の巧みさが看て取れる。フィルム送りは単純な赤窓式だ。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部