拡大写真
初代RTSの流れを汲む表情が異邦人的なコンタックスRX。フルメタルなボディは剛性感、質感ともに最上レベルだがダイヤル部のプラ部材が惜しいところ。軍艦部の操作部材は多めだがよく整理されており、同時期の「グラスコクピット化」されたカメラよりも設定が直感的に分かる優れたデザインだ。ただし左手操作のシャッタースピードダイヤル(これもRTS以来の伝統配置)は慣れが必要で、また操作部材の感触はいまひとつ統一感と品位に欠ける。遮光効率の高いフードは古典レンズには必須のもの(画像の装着品は非純正)。ハレ描写が欲しい場合以外は常時装着したい。
(C)Keita NAKAYAMA
Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部