拡大写真
フォールディングカメラならではの芸として、スタンドを引き出せば垂直に立てることができる。ただしセルフタイマーの備えはないので自分撮りには長尺のレリーズが必要(完全なディスプレイ用か)。ボディ断面の舟形形状は当時流行のストリームラインに沿ったもので、左右両端の切っ先はデッドスペース。ここを切り詰めればあと1センチは幅を詰める余地がある。前板を支えるX字形の「タスキ」はきわめて頑健なつくり、長期間の使用でもピント精度は高いはず。前蓋に突出するレンズキャップ状の円筒部は別体部品をかしめて装着しており、これはレンズ先端部を納める「逃げ」というよりデザイン上のアクセントだろう。円筒の内側にはモデルおよび製造者銘がモールドで浮き上がる。
(C)Keita NAKAYAMA

Copyright : マカロニ・アンモナイト編集部