* 週刊フォトエッセイ*

「今日もカメラは回る」

  文・写真/根岸泉 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

水を投げています、ただのバケツです。安直な方法が良い効果を生むこともあります。
何の撮影でどういう効果かは秘密ですが。









Roll 192 困ったちゃん その3

 あるとき懇意の操演会社に用があって行ったところ作業場で怪しい仕掛けを作っている男がいた。

 コップがモーターの上に乗っていてくるくる回るようになっている、そのモーターは上下に50センチほどスライドする仕掛けに乗っていて、バネがついている。

 どうやらモーター(とコップ)をバネにさからって押し下げると下でロックされる、そこでモーターに通電してコップをぐるぐると回し、いいところでロックをはずすとガッチャンと上に跳ね上がる仕組みだ。現象はあきらかだが何がしたいのかよくわからない。

 聞いてみると世にも情けない顔をしたその男は。
 「こんどのCMの監督がね、コップに水を入れてぐるぐるまわして、それを勢いよく上に投げ出したら、コップの形をしてぐるぐる回る水の固まりが空中に飛び出るだろうって言うんだよ」と言う。

 そんなアホな!

 そもそもぐるぐる回し始めたら水は遠心力でコップのフチからこぼれてしまうだろ?  残っていたとしても空中に投げだした時、水がコップのフチを越えたとたんに接線方向に飛び散るだけだろ?
 「もちろんそれはさんざん説明したんだけど、監督が納得しなくて、やってみないとわかんないだろ、って言うんで説明用の仕掛けを作ってるんだよ」という答えだった。

 私が聞いたなかでは一番すごい話である。

 それほどすごくはないが私の経験した話を次は聞いてもらいたい。


2005年09月28日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部