写真
---> 拡大表示

操演部操演中


* 週刊フォトエッセイ*

「今日もカメラは回る」

  文・写真/根岸泉 --->Back Number 




Roll 196 困ったちゃん その7 −うっちゃり−

 1秒間に1回しか振れない巨大な振り子、それをリアルに、1秒間に4回振れているよう見せかけるのに仕掛けはいらない。

 私は「コマ落としにしたらどうでしょう、フィルムスピード1/4で撮れば普通に見えると思いますが」と監督に具申した。
 しかし、驚くべきことに監督は。

「コマ数は1秒30フレームと決まっているんだよ」

 と言うではないか(CM撮りはTV専用なので最初から30コマで撮る)

「あーうー、オンエアの時はもちろん秒30コマになるわけですが・・・それを何コマで撮るかは自由ですよね?」

 ところが。

「いやコマ数てのは絶対なものでこれを変えることは出来ないんだ」

 と言う。

「あーうー、その、オンエアのフレーム数を変えるということではなく、これは撮影のコマ数を変えるという話で、ここで秒何コマで撮られたかはオンエアとは無関係なはずです」

 ・・この場合トラックアップも16秒で、と説明しようとしたら。

「はは、仕掛けをする人は知らないだろうけど、カメラってのは秒30コマで撮らないといけないものなんだよ」

 と言われ、私は脳内でこの監督を土俵の外に放り出した。演出のトップに登り詰めるまでに一度もコマ数の変更をしたことがなかったのだろうかこの人は? なんにしても鼻で笑われてまで説明してあげる義理はない。

 「わかりました〜。でも困りましたね〜(笑顔)ま、物理の法則ですから仕方ないですね〜(ニコニコ)」

 どうしてこうなってしまうのか・・という話を来週に。


2005年10月26日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部