写真
---> 拡大表示

(C) MIka Ninagawa


* 週刊フォトエッセイ*

NinaMika Weekly 週刊ニナガワ通信

  文・写真/蜷川実花 --->Back Number × 中山慶太




§もしもアタシがタレントだったら(2)§(apr.2003#04)

─── もおすぐタレントになりそうな実花さんです。

●MIKA:なりませんってば。あたし写真が好きなのよ。

─── 写真撮りながらタレント活動もするとか。

●MIKA:そんな器用ぢゃないです。

─── それはそおかもですね。で、CFの他にどんな企画が持ち込まれました?

●MIKA:深夜番組の司会とかあったみたい。

─── ああそれ、なんか番組名がわかりそうだ。それも断った?

●MIKA:うん。

─── 贅沢だなあ。そろそろ写真も、撮りたいひとはみんな撮ってませんか。

●MIKA:そんなことないよ。まだまだ撮りたいひととかいるし、行ってみたい場所とか、やりたいことはたくさんあります。

─── 今いちばん撮ってみたいひとって。

●MIKA:やっぱりヅカですね。

─── ズカって宝塚。

●MIKA:「ズカ」ぢゃないよ、「ヅカ」。もおずうっと撮りたい撮りたいって言い続けてるんですけど。

─── いぜん「ブルータス」でしたっけ? 雑誌で撮ってましたよね。

●MIKA:うん。念願かなって撮らせていただきました。でももっと撮りたいの。「もおいいです宝塚」っていうまで撮りたいよ。それで客席で観てるあたしに投げキッスしてもらうの。

─── これ、遠い目をしないでください。そういうわけですんで宝塚関係者のみなさん、ニナミカに愛の仕事を一票。

●MIKA:ぜひぜひ、お願いします。

─── で、それで満腹になったらタレントに転身する、と。

●MIKA:しませんって。



※蜷川実花さんの公式サイト
 最新情報、過去の仕事や作品集はこちらでチェック!!


2003年04月23日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部