写真
---> 拡大表示

(C) MIka Ninagawa


* 週刊フォトエッセイ*

NinaMika Weekly 週刊ニナガワ通信

  文/蜷川実花 --->Back Number × 中山慶太




§ヨコオさんは凄いね§(jun.2003 #01)

─── ところで実花さん、さいきん買い物してますか。

●MIKA:あんまし買ってないかなあ。

─── 買い物するヒマもない? でもG4マックとか買ってましたね。

●MIKA:そおですね。でもあれはお仕事の道具だから……あ、ちょっとスゴイ買い物しました。

─── ハッセルとかジナー(スイス製の大判カメラ、スタジオ用)とか。

●MIKA:まさか。そうじゃなくてヨコオさんの作品。

─── うわ。横尾忠則さんの。

●MIKA:うん。前にも言ったと思うけど、大ファンなので。

─── そおいえばこないだ、北の丸公園の(国立)近代美術館に常設で飾ってありました。横尾さんの作品。

●MIKA:そおなんだ。どんなの。

─── たしかタイトルは「責め場」。70年代はじめかな?

●MIKA:あの頃も凄かったですねえ。

─── 実花さんはどんなの買ったんですか。

●MIKA:内緒。

─── ううむ。こんど観せてくださいね。

●MIKA:うん、是非みてください。

─── そおだ、今度実花さんの事務所引っ越し記念に横尾さんの画集を差し上げましょう。

●MIKA:それって何ですか。

─── 「画帳」と「三日月旅行」。あと自伝もあります。「三日月〜」は写真集みたいな本ですけど。

●MIKA:嬉しいなあ。楽しみにしてます。

─── 僕もフォロンとか実花さんのサイン入り生写真(ぢゃなくてプリント作品)をナンバー入りで持ってますけど、横尾さんと互角に勝負するには岡本太郎さんあたりを出さないとアレでしょうね。

●MIKA:そおよねえ。でも好きな絵を買うのは良いんだけど、ちょっと悩みもあるのよ。



※蜷川実花さんの公式サイト
 最新情報、過去の仕事や作品集はこちらでチェック!!


2003年06月04日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部