写真
---> 拡大表示

(C) MIka Ninagawa


* 週刊フォトエッセイ*

NinaMika Weekly 週刊ニナガワ通信

  文/蜷川実花 --->Back Number × 中山慶太




§最新作と個展を語る(1)§(aug.2003# 02)

─── 今週はニナガワ事務所のご近所のお寿司やさんからお送りします。

●MIKA:(壁の品書きを眺めながら)う〜ん、なににしようかなあ。

─── 実花さん、もおひととおりオーダーしてませんでしたっけ。

●MIKA:だってあれだけじゃゼッタイ足りないもん。

─── はいはい。あとでまた頼んでください。今週は新作(作品集「Acid Bloom」)と個展について……。

●MIKA:(品書きを指さして)あの「栄巻き」ってどんなのかな。

─── 知りません。で、新作は。

●MIKA:やっぱあとで頼んでみよっと。へい、新作お待ち! ってそんなカンタンにできなかったのよ、今回は。

─── テーマの「花」、ずうっと撮ってましたよね。足かけ2年半くらい。

●MIKA:それくらいかな。でも途中で何度か中断してたんですよ。

─── 忙しくてじっくり撮れなかった。

●MIKA:ううん、そおじゃなくて。けっこうプロセスがあるのね、これが。

─── 壁にぶつかったとか。

●MIKA:それはありますね。最初は面白かったの。集中して(花に)取り組むのは初めてだったし。でもだんだん手慣れてきちゃって、どうしてもパターンから抜けられなくて。

─── どうするんですか、そういうときは。

●MIKA:すっぱり撮るのを止めちゃう。また自分の中でモチベーションが湧いてくるまで待つのね。

─── どれくらい中断したんですか。

●MIKA:半年くらいかなあ。ぜんぜん撮らなかった。

─── それで再開できると思ってました?

●MIKA:いつかできると思ってました。あたしの場合はいつも複数のテーマを同時進行させてるから、何かがお休みしてても別のことに集中できるし、それで気分が変わるのね。

─── ああなるほど。途中で諦めたり、止めちゃったりはしないんですね。

●MIKA:うん。いったん決めたら諦めないですね。

─── で、再開してから……。

●MIKA:(品書きを眺めて)やっぱり栄巻きじゃなくて、ネギトロ巻きにしようかなあ。


☆ ☆ ☆


■最新作品集「Acid Bloom」(エディシオントレヴィル)出版に合わせ、
 蜷川実花さんの個展が開催されています。

 蜷川実花写真展「Acid Bloom 1」
         青山 gallery ROCKET* 8月1日〜8月13日
 蜷川実花写真展「Acid Bloom 2」
         原宿 NADiff 8月1日〜9月15日

*gallery ROCKET 1F では「花」をモチーフにしたグッズ販売が行われます。


■蜷川実花さんの公式サイト
 最新情報、過去の仕事や作品集はこちらでチェック!!


2003年08月13日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部