写真
---> 拡大表示

写真展にて
「Cheap Trip」主演女優の韓英恵さんと。
※撮影:中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

NinaMika Weekly 週刊ニナガワ通信

  文/蜷川実花 --->Back Number × 中山慶太




§金魚はちょっと哀しいね(3)§(FEB.2004 #02)

─── 最新作「Liquid Dreams」のお話しを伺っています。ところでモチーフの金魚、どこで撮ったんですか。

●MIKA:香港と上海とタイで。あともちろん日本でも撮りました。

─── 三カ国ロケ。大がかりですね。

●MIKA:けっこう真剣に探したんですよ。

─── 香港の金魚は以前にも撮ってましたね。

●MIKA:うん。金魚ってやっぱ中国じゃないですか。

─── そおですね、いろんな意味で本場ですから。

●MIKA:それで(中国の)本土におっきなマーケットとかないかと思って、ネットで検索したら上海にあるってわかって。

─── ほお。タイの情報源もネットですか。

●MIKA:そっちはファンの方に教えていただきました。バンコクのウィークエンドマーケット。

─── なんか、どこで撮ってもいっしょみたいな気もしますが。場所を変えると気分が変わるってことですか?

●MIKA:それは大きいかな。

─── そおいえば実花さん、いつも言いますよね。「作品集にまとめるときに足りない気がする」って。今回もそうでしたか。

●MIKA:うん、金魚は追い込みでずいぶん撮り足しました。

─── それって、ある程度撮り溜めた分を構成して考えるんですか。

●MIKA:そおですね。それと金魚の作品はね、たぶんこれでおしまいになりそうな気がしたから。

─── 続編はないと。

●MIKA:今はそう思ってます。だから自分で納得がいくまで撮りたかったのね。

─── 納得できましたか。

●MIKA:私はイイと思うな。ていうか、自分では「やるだけやった感」があるので。

─── 実花さんの自信作、絶賛発売中です。

■蜷川実花さんの公式サイト
 最新情報、過去の仕事や作品集はこちらでチェック!!


2004年02月11日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部