写真
---> 拡大表示

※撮影/中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

NinaMika Weekly 週刊ニナガワ通信

  文/蜷川実花 --->Back Number × 中山慶太




§今日もプリンターは回る§(Apr.2004 #01)

─── 今週もニナガワ事務所にお邪魔してます。ところで写真集の……。

●サトミさん:すみません。ちょっと後ろ、失礼します。

─── うわ。本当に邪魔でしたか。

●MIKA:ごめんなさいね、ここちょっと狭いから。

─── 僕が今座ってる場所。現像所と台所と打ち合わせスペースと食卓がいっぺんに来たみたいですね。

●MIKA:おほほほほ、打ち合わせはそっちの部屋でやるんですよ。

─── ふつうの取材もそっちですね。って、私はなんでいつも台所なんだ。

●MIKA:ここでご飯食べるのは中山さんくらいだからじゃない。

─── ……。それにしても、いつ来てもやってますね、プリント作業。

●MIKA:ほとんど1年中やってますね。

─── あっちの暗室の中にプリンターは何台あるんですか。

●MIKA:2台。どっちも1年中まわってるよ。

─── 現像液もしょっちゅう変えないとアレですね。どのくらいの頻度で?

●サトミさん:毎週変えてます。

─── 印画紙ってどれくらい消費してるんですか。

●MIKA:どのくらいかしら。

●サトミさん:数えてないからよくわかんない。

─── ひと月に何箱くらいとか。

●サトミさん:たぶん50箱くらいかなあ。

●MIKA:ひと箱で50枚だったっけ。

─── ううむ。ええっと、(とっさに暗算ができない)そおすると2500枚か。そりゃあたいへんだ、ちょっとしたプロラボ並みかも。

●MIKA:リバーサルだと楽なんですけどね。

─── 実花さんはネガで撮ってプリントで出すから、コストもその分かかりますね。ひとつの作品でテストプリントは何枚くらい焼いてますか。

●MIKA:それは場合によりけりかな。わりとすんなり決まることもあるけど。

─── なかなか決まらないこともある、と。来週はそのあたりのお話を伺いましょう。



■蜷川実花さんの公式サイト
 最新情報、過去の仕事や作品集はこちらでチェック!!


2004年04月07日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部