写真
---> 拡大表示

「MIKA over the rainbow〜蜷川実花写真展atラフォーレ原宿」にて。
※写真/中山慶太


* 週刊フォトエッセイ*

NinaMika Weekly 週刊ニナガワ通信

  文/蜷川実花 --->Back Number × 中山慶太




§オリジナルプリントのこと(3)§(oct.2004 #04)

─── ところで実花さんのプリントって、いくらくらいするんですか。

●MIKA:(トツゼン電卓を取り出して←嘘)これくらい。

─── う〜ん、むかし買っといて良かった。

●MIKA:そんなに高い?

─── いえ、ぜんっぜんそんなことないと思いますよ。

●MIKA:でも日本だと高いって言われるのよね。

─── 海外だと。

●MIKA:まるで逆。「なんでそんなに安いんだ」って言われるもん。

─── 安すぎて怪しまれる、みたいな(笑)。

●MIKA:そおそお。あちらの相場だともっと高いのが普通みたいです。

─── プリントダンピング疑惑。あちらでも日本とおなじくらいの値段ですか。

●MIKA:うん。だいたい一緒だと思うな。

─── 世界共通価格ですね。ほんとうは僕ももう一枚くらい買いたいんですけど、家に飾るスペースがなくて。

●MIKA:それはみなさん共通の悩みかもね。中山さんはあたしの写真でどれが欲しいですか。

─── 金魚のやつ。

●MIKA:ああ、あのシリーズはなぜか男の人に評判いいんですよ。

─── 今でも写真集(注:「Liquid Dreams」エディション・トレヴィル発行、河出書房新社・刊)はたまに眺めてなごんでます。

●MIKA:嬉しいな、ありがとうございます。

─── で、その額装オリジナルプリントなんですが……いや待て、家を片づけるのが先か。

●MIKA:中山さんも広い家に引っ越した方がいいかもですね。



■蜷川実花さんの公式サイト
 最新情報、過去の仕事や作品集はこちらでチェック!!


2004年10月27日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部