写真
---> 拡大表示

これが最近のロンドンのイタめしだーっ!?
※写真撮影:パラダイス山元


* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number 




257 近頃のロンドン飯

 ロンドンはご飯がマズイと、遥か昔から世界的にも悪評の高い街ですが、さて真実はどうなんでしょう。

 10数年前はじめてロンドンを訪れた際、さんざんいろんなところに食べに行きましたが、世界的に有名なハンバーガーチェーンのポテトを上まわる食べ物がなかったと記憶しています。そんなこともあって東京パノラママンボボーイズのロンドン公演の際は、スーツケースにインスタントラーメンや、お茶漬け海苔、レトルトカレーなどスーツケースにぎっしり詰めて行きました。ほとんど外食せずに1ヶ月間暮らしました。というのも確かその時は1ポンド=270円くらいの激円安状態で、毎日外食なんて考えられなかったからでもありました。その後も、うまいレストランにも巡り会わず、ロンドンのメシは多分今でもマズイのだろうと、決めてかかっていたのですが、今回はずいぶんと印象が違うのです。

 どうせまずいメシを喰うくらいなら、なるべく口にせず、ロンドン滞在期間中にダイエットでもしようと、わざわざ日本からアミノ酸カプセルやら黒酢など持って行ったのですが、ロンドンで一番の美食家と評される、ギャラリー「ECLECTIC」のプロデューサー、マハラアサコさんが、そんな私のカラダのことなどまったく気にせず、毎食のコーディネイトをかって出てくれたおかげで、数キロも太って帰国する羽目になりました。

 初日の夜は、ホテル近くのこじんまりしたイタリアレストラン。日本のイタリアレストランでも口にしたことのない、オリーブの香りが漂うオーガニック温サラダ。エビの旨味がこれでもかと凝縮したメインのパスタ。すっかり日本ではブームが去ってしまったイタリアンデザートの定番ティラミス。すべてが完璧でした。あなどれないっ! ロンドン飯。

 でも、これはイタ飯なんですよね。


2003年08月13日掲載

<--Back     Next-->



Webmaster :
ammo@tokyo.fujifilm.co.jp
Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部