写真
---> 拡大表示

筆者イチオシ"焼肉のトゥモローランド"
ヒルトン東京ベイ「さざなみ」の焼肉
※撮影:パラダイス山元


* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number 




292 焼肉マンボ

 う〜ん、旨そうですなぁ。我がココロのエネルギー、焼肉。

 焼肉業界では、次から次へといろんな問題が起こって大変なことになっていますが、この私から焼肉をとるとマンボな執筆活動にも影響してきますし、なによりも焼肉が食べられなくなるということは生命の危機そのものにつながってしまいます。大袈裟じゃないんです。餃子もたこやきも、もちろん大好きな私なのですが、焼肉食べなきゃ精神面で多大なストレスがたまってしまうのです。

 いつか暇があったら作曲しようと企んでいた「焼肉マンボ」。たこやきなんぼマンボや餃子マンボのように、焼肉業界関係から作曲依頼などくるはずがないと、半ば諦めていたら、やっぱりキテしまいました。
 ある調味料メーカーが主催する「お肉のうた」(仮称)作詞コンテストの審査員長になってもらって、優秀作品を選び出しマンボ化して作曲、演奏してもらいたいという、願ったりかなったりの好マンボ企画。やらないわけにはいかないでしょう。

 ひとつ返事で受けたのはいいものの、何日か経って、いきなり段ボール箱に入った応募作品が何箱も届けられはじめ、事務所はたちまち引越状態のようなありさま。


2004年05月06日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部