写真
---> 拡大表示

雪だるまが、雪だるまをつくる!
Fujitenスノーリゾートにて
※撮影:通りすがりのスキーヤー


* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number 




294 雪だるまアーティスト

 真冬のスキーシーズンには全然そうは思わなかったものの、もうこれが最後のチャンスと思うと俄然つくりたくなってしまう雪だるま。
 札幌市立幌南小学校で毎年行われていた「クラス対抗雪像コンクール」。卒業を間近に控えた6年3組で「ジャンボマックス」をつくって入賞した思い出が、今も忘れられない私。東京に住み着いてからも、ほんのちょっと雪が降っただけで、近所の雪をかき集めてすぐに雪だるまをつくってしまうのでありました。

 今シーズン雪らしい雪がほとんど降らなかった東京だけに、このまま今年雪だるまをつくらなかったら、死んでも死にきれない…という気持ちでいっぱいになり、積雪30cmのスキー場へ出かけ、スキー、スノボには一切触れず、一日中雪だるまをつくっていたのでありました。

 午前中かなり丁寧につくった作品も、強い陽射しで帰る頃にはヘロヘロに融けてしまいます。このユルユルな姿、そのはかない命こそが雪だるまの魅力なのです。



2004年05月19日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部