写真
---> 拡大表示

久々の力作
※撮影:パラダイス山元

撮影by FinePix F610


* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number 




306 小路での正しい遊び方

 夏休みも後半戦に突入すると、遠出したり、出費がかさむレジャーは敬遠しがちになるのが世の常。新聞屋さんからもらった、遊園地のタダ券でさえ、行ってみると「1日フリーパスは別料金」などとなっているからオソロシイ。

 世の中お金がかからなくて楽しいマンボな遊びはないものかと、自分の幼少時代のことを思い出すと、ベーゴマや野球盤などには元々興味がまったくなかった子供ではありましたが、ウォールアートを嗜んでいたことを思い出しました。あっ、ただの落書きのことです。
 小学校で小さくなったチョークをもらえる日があって、友達と色つきチョークの争奪戦やってましたっけ。「ヤマモトくん、○○橋のたもとのコンクリート壁の落書きはあなたが書いたんでしょう。スグに行って消してきなさいっ!」と、まったく身に覚えのない落書きまで、何度女の担任から怒られたことでしょう。

 そんなわけで、久しぶりに特大路上キャンバスに力作を披露したのでありました。

 描いた後は、必ず消しましょうね!


2004年08月18日掲載

<--Back     Next-->

F610


Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部