写真
---> 拡大表示

デンマーク・ビルンにて
■撮影:HIT ME


* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number 




315 LEGOの夢

 私が子供の頃、当時高価なおもちゃであったLEGOを、毎年ふんだんにプレゼントしてくれたサンタクロースには、今さらながら感謝しています。

 冬の間、家の中で遊ぶことが多い札幌では、いかに飽きないおもちゃを子供に与えるというのが大変重要なこと。LEGOで家、お城、動物園、クルマ、飛行機、船など、作っては壊し、また作ってと、際限なく想像力を働かすことができるおもちゃというのはそうはありません。
 現在のように人形のフィギュアのバリエーションがほとんどなかった時代、LEGOでつくった家に紙で作った自分の絵を描いた人形を置いたりして遊んでいました。

 世界サンタクロース会議を終えて、今年再びデンマークのビルンにあるLEGOLANDを訪ねました。

 工場の敷地に点在する、巨大なブロックに近寄ると、昔自分でつくったLEGOの家に住みたいと本気で思ったことを思い出しました。
 ストーブの囲いのそばで、LEGOのなかに埋もれて遊んだ記憶が甦ってきたのでした。


2004年10月27日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部