* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

味の素冷凍食品株式会社
大泉ブランチ/研究・開発センターにて
※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F10



写真
---> 拡大表示

餃子の王様 パラダイス山元:著
『餃子のスゝメ』(マガジンハウス刊)
11月30日発売!






388 《大人の社会科見学ツアー》冷凍餃子研究所

 工場を見学したら、冷凍餃子の開発、研究をしている場所にも行きたくなってしまいました。いったい、どんな方が、どういうふうにして材料、味を決めていくのか、興味が湧きませんか?

 お断りしておきますがここも関係者以外立ち入り禁止の区域です。餃子の王様ということで特別に許可が下りました。餃子の王様やっていてヨカッタ〜〜〜。

 餃子専門の研究員の方が、日々原料の配合や、加工技術などを研究しています。冷凍餃子が、家庭の手づくり餃子に勝るために何をすればいいのか。その答えは、皮にあると研究員の方はおっしゃいました。

 テレビコマーシャルでやっているような、あのパリッとした音が出るひみつは、オーストラリアのクインズランドや北部ニュー・サウスウェルスで生産された最高級の銘柄「プライムハード」を中心に、特別にブレンドしたものを使っているからだそうです。コシがありながら、なめらかな食感を出すのに相当の年月をかけて研究を続けてきたそうです。この会社の製品は、フライパンに油をひかなくてもパリッと焼けるのが当たりまえになっています。冷凍餃子なんて… という偏見が、どんどんアタマから消えていきました。

 日本一餃子のことを考えている会社の研究員はスゴすぎます。

 試作した餃子は「官能評価室」へと運ばれていきます。なんだか、とってもワクワク、ドキドキしてしまう私っていったい。



★☆パラダイス山元さんより読者プレゼントのお知らせ☆★


『餃子のスゝメ』(パラダイス山元:著/マガジンハウス刊)の発売を記念して、会員制餃子の家、荻窪餃子「蔓餃苑(まんぎょえん)」の餃子会員権を、抽選で5名の方にプレゼントします。(応募締切:2006年11月29日)

 年中平常休業、臨時開苑の荻窪餃子「蔓餃苑」の餃子会員の申し込みは既に締め切っています。今回特別に、マカロニ・アンモナイト読者の方5名様に餃子会員資格をプレゼント!
入会金、年会費は不要です。
ただし、餃子会員になってもすぐに食べられるわけではありません。
「蔓餃苑」臨時開苑の案内が、届くようになります。

 ※「蔓餃苑」についてはー世界マンボ紀行 Vol 237ーをご覧ください。

 ★ご応募は『世界マンボ紀行』の感想を添えて
   ----> こちら から


2006年11月15日掲載

<--Back     Next-->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部