* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

羽田空港 第2ターミナル
南ピアラウンジ signet
※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F10



写真
---> 拡大表示

那覇空港にて
※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F10





404 マイル修行の旅(5) ーラウンジ派ー

 鉄道ファンといえば、撮影派、切符派、旅行派、模型派、時刻表派、駅弁派、車両の研究、部品蒐集派など昔からあるジャンルから、最近脚光を浴びているものの中には、タモリさんも好きな廃線跡探訪派、機関車運転派など、そのカテゴリは実に様々。

 私も、鉄道写真に始まり、やがて記念切符の収集、時刻表の読解、駅弁食べまくったりして広く浅く、時に深くホンモノの車両をデザインしたりと各分野に足を突っ込んできました。

 しかし航空ファンではあたりまえなのに、鉄道ファンにはその同種のカテゴリーがないものがあります。それは「ラウンジ派」というカテゴリー。

 飛行機に乗る際、チェックインした後、混雑する搭乗口付近のベンチシートのすぐ横に、その入口はひっそりと存在しています。アタッシュケースを持った、なんか会長とか社長とかとそのおつきの部長とか偉そうなムードのビジネスマンが吸い込まれていったかと思うと、見た目では職種の特定が困難なセレブっぽい女性も入っていきます。

 その入口には、

「ファーストクラス、ビジネスクラスをご利用のお客様」
「ダイヤモンドサービス」メンバー
「プラチナサービス」メンバー
「スーパーフライヤーズカード会員」のお客様
「スターアライアンスゴールド」メンバーのお客様
 (およびご同行者 1名様)

などと書かれています。

 エコノミーシートのチケットと、マイレージカードを持っているだけではどうやらそこへは進入できないのでした。

 その向こうにはいったい何があるのでしょう。



★☆世界マンボ紀行 400回記念 読者プレゼント☆★


おかげさまで『世界マンボ紀行』も400回を迎えることができました。そこで読者の皆様へ日頃の感謝の気持ちを込めて、マカロニアンモナイト編集部より、コンガキーホルダーとおもちゃのマラカスのセットを抽選でプレゼントいたします。(1名様/応募締切:2007年4月28日)

 ★ご応募は『世界マンボ紀行』の感想を添えて、
   ----> プレゼント詳細ページ から


2007年04月25日掲載

<--Back     Next-->

→「世界マンボ紀行」の目次へ



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部