* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

スターアライアンス10周年記念
期間限定のカフェもオープン
銀座R25カフェにて
※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F10









413 マイル修行の旅(14) ー対馬〜福岡ピストンー

 ピストンといえば、これまで反射的に西沢と答えていましたが、現在はピストンと言われれば、間髪入れずに対馬と絶叫する私です。

 東の八丈島・大島ぐるぐるに対して、西の対馬ピストンと呼ばれているほど、修行僧の間ではメジャーで人気が高いのが、キングオブ修行ルートといわれているANAの福岡〜対馬路線です。

 対馬に仕事で出かけたり、親戚や友人がいるならわかりますが、まずなんの用もなく対馬に行くということに抵抗を感じる方は多いと思います。北海道出身の私がいうのもなんですが、島国ニッポンのなかでさらに離島というのは、気分的に遠いですし、滅多なことが無ければ行こうという気持ちも起こりません。しかし、回数派で50回搭乗を目指す修行僧にとっては、実に効率のいい修行ルートなのです。

 修行に効率もへったくれもありませんが、やはり考えなければいけないのがそれにかかるコストです。

 福岡〜対馬は、回数券を使うより旅割運賃の方が割安で、片道1搭乗あたりわずか7,700円。福岡か対馬に在住している方であれば、単純に50回乗って385,000円。距離派で、会社持ちの出張0、すべて自腹の私がかかったコストの実に1/3で済んでしまうのです。
 ただ気をつけなければならないのは、対馬〜福岡の区間マイルは旅割の場合75%積算で60マイル(60プラチナポイント)、国内線は2倍プラチナポイント加算で120プラチナポイントになります。ANAプラチナサービスを受けるには、年間(1月〜12月)で、50,000ポイント以上、または50回かつ15,000ポイント以上の利用が条件。120プラチナポイント×50回=6,000プラチナポイントでは、基準の15,000プラチナポイントに達しません。9,000プラチナポイント足りません。なかなか一筋縄でいかないところも、修業といえましょう。

 スターアライアンスゴールドメンバーの道は険しいのです。



※<マイル修行の旅>を最初から読みたい方は →こちら 


2007年07月04日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部