* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

ロサンゼルス空港にて


写真
---> 拡大表示




写真
---> 拡大表示


自分だけの機内エンタテインメント
ANA 成田→ロスの機内にて

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F10

420 マイル修行の旅(21) ー機内エンタテインメントー

 国際線で一気にプラチナポイントを稼ぐ距離派にとっては、エコノミーであっても機内エンタテインメントの充実が気になるところ。ひと昔前は、ビジネスクラス以上のサービスだった国内封切り前の映画の上映が、エコノミー席でもオンデマンドのパーソナルモニターで楽しめるようになりました。

 「明日の記憶」は、あまりに主人公と自分がかぶることが、多く最後まで鑑賞することができませんでした。「フラガール」は、たいして期待していなかったがために、後半、大量の涙を流すことになってしまい、まわりの乗客から失笑されてしまいました。
 国際線の帰国便に乗る際は、決まって落語チャンネルに合わせます。あーやっぱり日本語っていいなぁ〜としみじみ感じたり。

 修行僧にとっては、目的地で観光したり、現地の美味しいものを味わうより、いかに機内エンタテインメントで楽しむかが勝負どころです。修業僧にとって目的地とはそもそも存在しないのです。スターアライアンスゴールドメンバーになることが目的ですから。

 機内が消灯してもなお、読書灯をつけておつまみの中身を確認する行為も、マイエンタテインメントといえましょう。



※<マイル修行の旅>を最初から読みたい方は →こちら 



※編集部注:
「明日の記憶」・・・2006年公開/監督:堤幸彦/東映
「フラガール」・・・2006年公開/監督:李相日/シネカノン



2007年08月29日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部