写真
---> 拡大表示

スターアライアンス特典航空券で
SASビジネスクラスに搭乗。
エコノミー席側を臨む。

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F10


* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number 




421 マイル修行の旅(22) ーどんどん貯まってしまうマイルー

 晴れてANAプラチナ会員になったあとのお楽しみはとにかく無限大です。特典航空券で旅に出るもよし、エコノミー運賃でチケットを購入した後、ビジネスクラスへアップグレードしてもらうもよし、早めに空港について専用ラウンジ飛行機の離着陸を眺めながら、冷えたグラスで生ビールを一杯頂いたりと、プラチナ会員のメリットはフル活用したいものです。

 また飛ぶたびにボーナスマイルが100%加算されるというのもありがたいです。例えば「東京−沖縄」の往復で、通常フライトマイルは1,968マイルなのですが、プラチナメンバーになるとさらに1,968ボーナスマイルが加算されるのです。

 これだけではありません。

 ANAのホームページからANAカードで「東京−沖縄」の往復運賃67,800円をクレジット決済するとクレジッカード会社のポイントとは別に678マイルのショッピングマイルが加算されます。クレジット会社のポイントも、もちろんマイルに移行することができますから、国内線とはいえ一度の旅行で実に5,000マイル以上も貯まってしまうのです。
 プラチナ会員になったあと、家族会員のクレジットカードをANAスーパーフライヤーズカードに切り換えた場合、3人家族だとすると1回の沖縄旅行で13,908マイル貯まります。

*区間(100%)+ボーナス+ANAカード+ショッピング@=獲得マイル
本 人(PLT)1,968+1,968+678+678=5,292
家族1(SFC)1,968+984+678+678=4,308
家族2(SFC)1,968+984+678+678=4,308
合 計=13,908
※スーパーフライヤーズクラブ家族会員には50%のボーナスマイルがつきます。

 マイルdeトラベルという、特典航空券20%オフキャンペーンの期間中に申し込むと、国内往復の特典航空券が通常15,000マイル必要なところが12,000マイルで済むのです。ということは、大人1名、もう1回沖縄に行くことができてしまうのです。

 これがお得じゃなくて、他になんと言ったらいいのでしょう。



※<マイル修行の旅>を最初から読みたい方は →こちら 


※編集部注:
 航空会社のサービス内容、獲得マイル数、運賃などは2007年8月現在のものです。


2007年09月05日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部