写真
---> 拡大表示

ANA特典旅行券で関西−北京に搭乗。
「山元さま、こちらいかがですか」と
おいしいお菓子が出てまいりました。

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix S6000fd


* 週刊フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number 




423 マイル修行の旅(24) ー名前つき、笑顔のご挨拶ー

 ANAプラチナ会員になった後はじめて国内線に乗った際、少々驚いたことがありました。些細なことかと思われるかもしれませんが、私にとっては一大事でした。

 飛行機に乗りこみ荷物を上の棚によいしょっとやった後、さささっと機敏な動きでキャビンアテンドさんが近づいてきて

「山元さま、本日のご搭乗誠にありがとうございます」

とご挨拶されてしまいました。

 この方といつ乗り合わせたっけ? いくら思い出そうとしてもダメ。いや、待てよ、いつかキャビンアテンドさん達と合コンしたことがあったっけ…? などと記憶を遡っても無駄。そんなチャンスは生まれてこの方一度もありませんでしたから。

 これは、あらかじめ乗客名簿にステイタスもいっしょに印字されていて、それを見たキャビンアテンドさんが、業務に余裕がある場合などに上級会員へ声をかけるということらしいのです。

 スーパーシートプレミアムの客でもないただのエコノミー席の客の場合に声をかけられたりすると、飛行機はまだ離陸前だというのに、私の方が勝手に舞い上がってしまいます。



※<マイル修行の旅>を最初から読みたい方は →こちら 




2007年09月19日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部