* 連載フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

修行僧のココロの友
Boeing737-500
那覇空港にて

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix S6000fd



写真
---> 拡大表示

ANA 沖縄−宮古
Boeing737-700の機内
シート12K

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix S6000fd



写真
---> 拡大表示

ANA 沖縄−宮古
Boeing737-700の機内
シート12A

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F10

425 マイル修行の旅(26) ー非常口が好きー

 自動車で起きる交通事故に比べて、飛行機事故に遭遇する確率は極端に少ないといわれていますが、修業僧としては信じるしかありません。

 修行僧になってからというもの、常に非常口付近の席を事前に指定するクセがついてしまいました。離着陸時に向かい合わせでジャンプシートに座る綺麗なキャビンアテンダントの方を見つめたい、などという理由ではありません。よく、お話しはしていますが・・・。

 効率のいい修業路線として名高い、沖縄(那覇)−宮古には、修行僧のココロの友ともいえるBoeing737-500、通称スーパードルフィンが就航していますが、最近になって最新鋭のBoeing737-700が飛んでいます。

 全席エコノミークラスなのですが、2席だけビジネスクラスのようにゆったりと足が伸ばせる席が存在します。それは、非常口付近の12A、12K。飛行時間、たったの45分間ではありますが、開放感は抜群です。なにかあっても非常口の真ん前ですし。

 でも、この席を指定すると「非常口付近の座席にお座りの場合、緊急脱出時に乗務員がお手伝いをお願いすることもございます。あらかじめご了承ください」と表示されます。

 昔から「緊急脱出時のお手伝いは、買ってでもしろ」と、修行僧のあいだでは言われています。



※<マイル修行の旅>を最初から読みたい方は →こちら 


※編集部注:
 機種、シート、就航路線などの情報は2007年9月現在のものです。


2007年10月03日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部