* 連載フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

鉄道博物館

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix S6000fd



写真
---> 拡大表示

鉄道博物館にて

※撮影:たかやまさおり
※使用機材:FinePix F31fd



写真
---> 拡大表示

サンタクロース公式ブック
 ̄クリスマスの正しい過ごし方 ̄


グリーンランド国際サンタクロース協会・公認サンタクロース
パラダイス山元/著・監修

小学館
ISBN 978−4−09−387748−0
定価1,500円(本体1,429円+税)


心豊かなクリスマスを迎えるためのアドバイスを一冊にまとめました。
世界のクリスマスの過ごし方をコミックで解説。アドベント・カレンダー、クリスマス・オーナメント、手作りリース、あみぐるみのつくり方などを丁寧に解説。
サンタになってはみたけれど…
見えてしまった日本の現実。
是非、ご覧になってみて下さい。

430 マイル修行の旅(31) ー鉄分の補給ー

 開館してから一か月経って、ようやく鉄道博物館に行ってきました。

 平日の月曜日なので、まずたいしたことないだろうと思っていたら、もの凄い混み様。平日に舞浜のアミューズメントパークへ行った時も、ここに来ている人たちはいったいどんな仕事しているんだろう? 修学旅行生以外の子どもは、みんな今日が開校記念日? なんて思ってしまいますが、「てっぱく」(鉄道博物館)も凄まじかった。

 で、どうだったかというと、もの凄く感動した

 なにもかも素晴らしい展示。最近めっきり鉄分少なめの私の脳に、カキンカキンと音をたてながら鉄分が補給されていくようでした。

 閉館した神田の交通博物館も、あの閉塞感というか、迷路のような館内に所狭しと並べられていた年季の入った展示物には、訪れるたびうっとりしていたのですが、鉄道博物館のスケールは巨大な吹き抜けといい、展示車両のレイアウトといい、実によくやった! と、鉄分かなり濃いめの方でも充分満足な内容かと。

 一番興味のあったSLの運転シュミレーターは、整理券を入手するのに1時間以上、さらにシュミレーターの前でも1時間以上待つということで、今回はあっさり断念いたしました。

 なんか、簡単に諦めてしまう自分って、自分らしくない・・・なんて最近思ったりして。

 でも、それが飛行機の入手しづらいチケットとかになると、目の色が変わったりするのですから、当分は“陸<空”なカラダのようです。



※<マイル修行の旅>を最初から読みたい方は →こちら 



2007年12月19日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部