* 連載フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示




写真
---> 拡大表示


新千歳空港にて
※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix S6000fd





435 マイル修行の旅(36) ー空子の出現ー

 女性の鉄道ファンのことを「鉄子」などと呼ばれるようになってしばらく時間が経過しましたが、果たしてどのくらい鉄子が増殖したかという問いには誰も答えられないのが現状です。

 先日、ANAで北海道へ行った際、何列か後ろに座った客がかん高い声で「急行宗谷の寝台幅は〜」とか「キ600とDE15のラッセル車は〜」などと饒舌に語っていたので、おおっ! やはり鉄子は増殖しているんだと思いました。

 降機する際に、いったいどんな女性だろうと振り返ってみたら、男性でした。かん高い声で、首から一眼レフとカメラバッグぶらさげた、私に似た太めのキャラクターというのは、昔から存在する生粋のテツですから。鉄子なんて、所詮無理矢理誰かがつくった架空のキャラクターですからね。
 鉄子向けにつくった鉄道ガイド本の購入者の多くは、やっぱり男性の「テツ」だそうです。それも、なんだかなぁ。

 修行僧のオフ会というのが羽田空港内のレストランで開催された際、34名の参加者のうち4名が女性でした。ばりばりの尼僧の存在。しかも、全員ダイヤモンドかプラチナホルダーなんです。

 みなさんとってもお洒落で洗練されておりました。
たまたまお持ちになっていた紙袋も、フランスの高級ブティックのロゴが入っていたりと、なんか飛行機ネタを各自披露するだけで集まったとは思えない雰囲気。イクラ丼食べるためだけに、ちょっと羽田から新千歳へ行って、そのまま帰ってきたりするのはあたりまえなのだそうです。

 空子さんは、この先放っておいても自然増殖しそうな勢いです。



※<マイル修行の旅>を最初から読みたい方は →こちら 



2008年03月05日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部