* 連載フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示




写真
---> 拡大表示

新幹線のグリーン車に乗っても
このようなサービスはありません。
ANAプレミアムクラスにて

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F50fd





Fotonoma
<生>たびフォトコンテスト開催
テーマ「あなたの思い出、旅写真」

(応募期間:2008年7月3日〜9月3日)

443 マイル修行の旅(42) ー乗り機に乗り気ー

 この夏、意を決してあることに挑戦する決意を固めました。
 それは司法試験とか医学部へ再入学などという限りなく可能性が0なことではなく、やろうと思えば誰でもできること。

 鉄道ファンの古典バイブル『時刻表2万キロ』(著:宮脇俊三)という旅行記がきっかけで、80年代に大ブレークした「いい旅チャレンジ 20,000kmキャンペーン」みたいな鉄道全線完全乗車(乗り鉄)、全駅下車(降り潰し)。そんなあたりまえのことを今さら目指そうというのではありません。もう鉄分、だいぶ薄めになってきたところで、今さら陸(おか)への逆戻りなんて出来ません。

 手始めにというか、ANAの国内線全線を完乗してみようかと。

 当然のことながら、就航地の全空港も訪問(完訪)することになります。もともとキップ集めとか、鉄道写真撮影(撮り鉄)など、比較的地味な部類の鉄道ファンではありましたが、夢も希望もだんだんとしぼんできて自堕落気味なおじさんが、ここらで体力がまだ残っているうちにチャレンジしてみようかと。

 鉄道ファンのあいだでは、JRの全線走破、私鉄も含めた日本全国すべての営業路線を完乗することが夢という方が大勢おります。高校時代、私が部長を務めていた鉄道研究部に所属していた後輩は、40歳過ぎても未だ挑戦し続けています。「お願いだから、これ以上地方の新線は開通しないで」なんて弱音吐いてます。

 現在、鉄道を乗り潰しても自己満足以外、まったくなにも得られませんが、飛行機の場合はマイルが貯まります。クレジットカード決済で、カードのポイントも貯まります。もちろんそれはマイルに換えられます。そして上級会員になるためのプレミアムポイントも貯まります。

 今やらなくて、いつやる! と自分を奮い立たせる毎日。

「乗り鉄」に対して、飛行機の場合は「乗り機」?
 なんか語感が悪いです。

 これも「マイル修行」という言葉に含まれるのかな。



※<マイル修行の旅>を第1回から読みたい方は →こちら 



2008年07月02日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部