* 連載フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示




写真
---> 拡大表示

ラウンジにあるおつまみは、
ラウンジ内でいただきましょう。
伊丹空港ANAラウンジにて

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F50fd




Fotonoma
<生>たびフォトコンテスト開催
テーマ「あなたの思い出、旅写真」

(応募期間:2008年7月3日〜9月3日)

444 マイル修行の旅(43) ーマナーは大切ですー

 他人に迷惑をかけなければどんな趣味でもアリだと思うのですが・・・。

 最近、駅のホームの端とかで写真撮ったりということはめっきり減ってしまったのですが、進入してくる列車に向かってフラッシュをたいたり、立ち入り禁止の柵を越えたりなどということはタブーです。そんなの常識です。鉄道ファンの中で、そういった迷惑行為をはたらいているというのはごくごく少数というか、純粋な鉄道ファンでは皆無のはず。他の趣味に比べて遵法意識が著しく高いと思っていました。

 しかし、そういう一部のマナー違反者が際立って目立ってしまうというのもこの世界ならではのことです。

 つい先だって、ある特急列車の最後の運転日のホームに居合わせたのですが、「座れ、この野郎!」とか、ひと昔では考えられなかった怒号が飛び交っているのには驚きました。最初、鉄道ファンどうしがトラブってなにか言いあいになっているのかと思ったのですが、なんと駅員さんに向かって罵声を浴びせていたのです。

「鉄ヲタ」などという言葉は、鉄道ファンのあいだで自虐的に面白可笑しく使われているものだとばかり思っていたのですが、ふつうの通勤客らから見れば異常な世界と判断されても、これは仕方ありません。

 マナーやモラルの低下は、あらゆる日常生活でも目にしますが、乗り物ファンは特に気をつけたいものですね。

 なんたって、目立ちますから。



※<マイル修行の旅>を第1回から読みたい方は →こちら 



2008年07月16日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部