* 連載フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

ANAプレミアムクラスの
機内食だけで一週間

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F50fd









445 マイル修行の旅(44) ー1週間 機内食ダイエットー

 この4月からすべての時間帯で食事が提供されることになった、ANA国内線最高峰のプレミアムクラス。

 早朝便では体にやさしいおかゆ、夕食の時間帯には料亭とコラボレーションしてできたお弁当などが提供されているというではありませんか。さらにはお味噌汁までついてきて、アルコールもフリードリンクという贅沢さ。待ち望まれていた最新型プレミアムクラスのシートは、ボーイング737−800から既に導入済みだと。

 そうなってくると、どこに行くかはこの際どうでもよくって、それに座りたいから鳥取へ行くということになってしまいます。

 ただ乗って座っているだけでじゅうぶん楽しい機内で、これでもかと繰り広げられるエンタテインメントの数々に期待で胸がいっぱいいっぱい。ここはひとつ長距離路線で、ゆっくりと味わいたいものです。

 特に意味はありませんが、プレミアムクラスで提供される食事以外は、ラウンジのコーヒー、青汁、例のおつまみだけで1週間生きてみました。

 機内では座りっぱなしですが、自宅から羽田までの電車移動、空港で端から端への乗り継ぎなど、普段体をあまり動かさない私にとってはとてもいい運動になりました。またプレミアムクラスの食事にはすべてカロリー表示があり、健康管理の目安になります。

 というわけで1週間プレミアムクラスの食事だけで生活、飛行機に乗り続けた結果は、なんと2キロ近くダイエットに成功しました。

 私の場合、誤差の範疇ともいえますが・・・
体脂肪は落ちるし、マイルは貯まるし、これぞ修行僧にとって打ってつけ、究極のダイエット法かもしれません。


※<マイル修行の旅>を第1回から読みたい方は →こちら 


※編集部注:
本文中に掲載されている航空会社の各種サービスに関する情報は2008年7月現在のものです。最新の情報については航空会社にお問い合わせください。


2008年08月06日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部