* 連載フォトエッセイ*

世界マンボ紀行

  文/パラダイス山元 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

ANA羽田ー福岡線
プレミアムクラスの朝食

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F50fd



写真
---> 拡大表示

ANA羽田ー福岡線
普通席とプラミアムクラスで提供されるコーヒー

※撮影:パラダイス山元
※使用機材:FinePix F50fd



写真
---> 拡大表示


※撮影:CAさん
※使用機材:FinePix F50fd


449 マイル修行の旅(48) ーたまにはマンボ旅行ー

 他人から「なんだか無駄に乗ってますねー」などと嘲弄を受けても「いえいえ時間を買っているんですよ」などと自分を客観的に見ることができるまでに成長した私。あなたとは違うんです。でも、たまに仕事に行くという目的があって飛行機に乗るときはなぜか緊張します(笑)

 全国の夏フェスの大トリ、福岡県糸島郡志摩町の芥屋海岸で開催される『SunSet Live 2008』に、昨年に引き続き今年も出演させて頂くことになりました。昨年のステージで、客席に向かって繰り返し「バカヤロー!!」「レゲエばっかり聴いてアタマ悪くなってんじゃないのか?アーーーッ、うっ!」と叫びまくり、もう二度とこの地を踏むことはないと思っていただけに、出演決定の報が届いた時は感激もひとしお。

 平日なら羽田−福岡線の午前中の便はビジネス客でプレミアムクラスはほぼ満席なのですが、羽田空港のチェックインカウンターの電光掲示板には、日曜日ということもあって空席マークが点灯。ダイヤモンドメンバーの私はアップグレードポイントで、同行の美女2名は私がマイルで交換(12,000マイル→15,000円分)したANAご利用券で、普通席からプレミアムクラスへアップグレード。期間限定5,000円のバリュープライスです。

 専用の保安検査場を通過、ラウンジで腰に手をあて青汁をイッキ飲み。搭乗後は、前席と50インチ(約127cm)もの広いシートピッチが自慢のプレミアムクラスで、おかゆやフルーツでお腹を満たしつつ、福岡到着まで緊張をほぐします。プレミアムコーヒーと普通席のコーヒーの飲み比べをしたり、美女と目隠し羞恥プレイに興じたり、それはそれはあっという間の1時間50分でした。人口密度が低いと当然のことながらCAさんからも濃密なサービスが受けられます。

 日曜日の早朝便は狙い目です。


※<マイル修行の旅>を第1回から読みたい方は →こちら 


※編集部注:
本文中に掲載されている就航路線および航空会社の各種サービスに関する情報は2008年9月現在のものです。最新の情報については航空会社にお問い合わせください。


2008年10月01日掲載

<--Back     Next-->

世界マンボ紀行の目次へ--->



Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部