* 週刊フォトエッセイ*

【新製品レビュー】 話題のFinePixF440と出かけてみる

  文・写真/河野朝子 --->Back Number


写真
---> 拡大表示

マチのない小さなポーチにも入っちゃうこの薄さ。
※撮影 by FinePixF700



写真
---> 拡大表示

ほとんど陽が落ちた夕暮れに望遠最大で撮影。フラッシュは届かないからオフで手ブレが怖いシチュエーションだけどギリギリセーフだ。遠くのヘリコプターまでちっちゃく捉えている。


写真
---> 拡大表示

こんな真っ暗けで手ブレがないのはすごいっす。一応電柱に寄りかかって撮ったけれど、酔っぱらってました(苦笑)。

※注釈がない写真はすべてFinePixF440で撮影しました。

 ■1■

 手に取った人全員が「ちっちゃーーーーーい!」って叫ぶカメラ、SQUARE miniこと、FinePix F440とF450がデビューした。
 小さいとか薄いとか、それでも高機能とか、たしかに世の中にはすでにいろいろあるワケだけど、私が最初に手にしたときに感動したのは、その小ささもさることながら、適度な重さだった。
 カメラが小さくなって小さくなって、なんでこれでこんなにきれいな写真撮れてるのか不思議、ってくらいになってくれるのはいいんだけれど、小型化に伴って重量が軽くなると代償として手ブレがヤバくなることが多いのだ。
 手ブレを防止するには本人の努力が最大限要求されるが *、あんまり軽すぎるカメラだと大の男が気合いで撮ってもブレることがあるくらいなので、私は人に「カメラ何がいいと思う?」と訊かれたときに軽すぎるものは推奨しない。
 SQUARE miniの重さは撮影していて非常に心地良い。だからと言ってバッグに入れたらズッシリくるような重量もない。小柄だけど筋肉質の軽快なヤツ、ってカンジだ。

○参考
* 手ブレについて:
手ブレ防止の基本
撮り終えたあとも気を抜くべからず


2004年08月04日掲載

    Next-->

→レビュー記事INDEX

F440


Copyright :
マカロニ・アンモナイト編集部