マカロニアンモナイト  写真と趣味のwebマガジンマカロニアンモナイト
 作者プロフィール・作者関連記事へのリンク

 勝見洋一 Index

TOP表紙へ連載エッセイ目次特集目次Gallery目次写真初心者向け目次作者目次
勝見洋一

プロフィール

勝見洋一(かつみ・よういち)

 1949年東京生まれ。成城大学卒。
 東京・新橋に代々続く美術商を生家とし、少年時代より美術品に囲まれて審美眼を養う。
 1973年より北京とパリの教壇に立ち、同時に“食”をはじめとする趣味道楽の泥沼にのめり込む。
 近年はエッセイ・美術評論等の執筆を行なうかたわら、オーディオビジュアルの評論やNHK『男の食彩』のキャスターを三年にわたってつとめるなど、その活動範囲は本人が本業を即答できないほどに広がっている。
 東京・原宿、熱海、カナダ・バンクーバーに所有する家を拠点に神出鬼没の行動を見せるため、編集者は所在をつかむのに苦労する(らしい)。
 近著はエッセイ集の『怖ろしい味』。

勝見洋一・関連記事Index




最近、中国に行きましたか
--その1--


「古きカメラが切り取りし」
-その1-


「時間を撮る、ということ」
-その1-

勝見洋一さんの連載エッセイは、1998年7月で終了しました。長い間ご愛読ありがとうございました。(編集部)

■週刊フォトエッセイ(1997年6月〜1998年月7月掲載)
勝見洋一の道楽三昧

「最近、中国に行きましたか」
(1996年12月〜1997年1月掲載)

「デジャ・ヴ、都市の秘かな愉しみ」
(1997年2月〜3月掲載)

「在る掘り出し物の顛末」
(1997年4月〜5月掲載)

「嗚呼、恍惚の真空管アンプ」
(1997年6月〜7月掲載)

「雄弁なる印画紙」
(1997年8月〜9月掲載)

「古きカメラが切り取りし」
(1997年10月〜11掲載)

「リミニへ、虚構の街へ」
(1997年12月〜1998年1月掲載)

「リトル・イタリーでお正月」
(1998年2月〜3月掲載)

「ピラミッド昔噺」
(1998年4月〜5月掲載)

「時間を撮る、ということ」
(1998年6月〜7月掲載)




マカロニアンモナイト
初心者向けの
写真関連記事ご案内
→写真初心者向けの記事Index


マカロニアンモナイト
その他の「昔カメラ」
「古い写真」関連記事
ご案内
→フォトエッセイ:東京レトロフォーカス/中山慶太Index

→フォトエッセイ:木を植える男/印南紀世子Index


マカロニアンモナイト
その他の「食」系記事ご案内
→特集:自ビールへの長い道

→特集:アンモ的日本酒の嗜み

→特集:ニッポン列島・鍋日和〜アンモ流 おいしい鍋の囲みかた

→フォトエッセイ:タイで食べタイ!/河野朝子

→フォトエッセイ:ベトナムのアルバムから・食欲編/河野朝子

→フォトエッセイ:バーチャルワインバー天孔雀亭/中山慶太
TOP表紙へ連載エッセイ目次特集目次Gallery目次写真初心者向け目次作者目次

Copyright :マカロニ・アンモナイト編集部